【スコッチ界No1】ジョニーウォーカーの種類、歴史を紹介

ウイスキーの紹介

世界で最も売れているスコッチをリリースしているのがジョニーウォーカーです。

赤いラベルに帽子をかぶった紳士が歩いているシルエットは誰もが見たことあるのではないでしょうか?

ジョニーウォーカーのシリーズ

ジョニーウォーカーは数多くのボトルをリリースしていますが、メインラインナップとしては、ジョニ赤(ジョニーウォーカーレッド)、ジョニ黒(ジョニーウォーカーブラック、ジョニーウォーカーダブルブラック)、グリーンラベル、ゴールドラベル、そして最上級グレードのブルーラベルなどがあります。

ジョニーウォーカー レッドラベル

ジョニーウォーカーの中でも世界で最も飲まれているウイスキーがジョニ赤です。

ブレンデッドウイスキーですが、フローラルでライトでスムースな味わい、ややスパイシーでわずかにスモーキー感があります。

非公開ですが、バーボン樽熟成の原酒が多く、わずかにシェリー樽熟成の原酒が入っていると思われます。

ライトさうえに、ハイボールにすると香りが消えてしまう事が多いので飲み方が難しいところもあります。

種類ブレンデッドウイスキー
アルコール度数40度
容量700ml
価格帯1000円代
created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥2,262 (2022/12/05 16:48:05時点 Amazon調べ-詳細)

ジョニーウォーカー ブラックラベル

ブラックラベルはレッドよりもさらに、スモーキー感をしっかり感じる味わいになっています。

フルーティが面が多いものの、スモーキー、フィニッシュにややピートを感じる事ができます。

スモーキーなウイスキーが好きな方はブラックがおすすめです。

種類ブレンデッドウイスキー
アルコール度数40度
容量700ml
価格帯2000円代
created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥2,409 (2022/12/05 16:49:13時点 Amazon調べ-詳細)

ジョニーウォーカー ダブルブラック

ブラックよりもさらにスモーキー感を強くしたダブルブラックは、名前の通り味わいはちょうど2倍ぐらいのスモーキー感を感じる味わいになっています。

ブラックでは殆ど感じることがなかったタフィー、ハニー、シナモンを感じます。

余韻もスモーキーが長く続きます。

シングルモルトの入門としても好まれるウイスキーではないでしょうか。

種類ブレンデッドウイスキー
アルコール度数40度
容量700ml
価格帯2000円代
created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥2,829 (2022/12/05 16:48:06時点 Amazon調べ-詳細)

ジョニーウォーカー グリーンラベル

これまでのレッド、ブラックとはまったく異なるウイスキーとなっており、グリーンラベルからジョニーウォーカーの雰囲気はガラッと変わります。

原酒にはスカイ島のタリスカー、アイラのカリラ、スペイサイドのリンクウッドとクラガンモアがキーモルトしてブレンドされており、最低塾年数も15年となっています。

日本では白州が飲めないならグリーンラベルを飲めと言われるほど、白州を思わせる味わいとなっており、芳醇な花や草、スモーキー感、ややピーティ、フルーティなど複雑な味わいがあります。

シングルモルトであれば6000円は超えてきそうな味わいですが、ジョニーウォーカーのブレンド力が伝わってくる一品です。

種類ブレンデッドモルトウイスキー
アルコール度数40度
容量700ml
価格帯4000円代
その他
created by Rinker
¥4,158 (2022/12/05 16:48:07時点 楽天市場調べ-詳細)

ジョニーウォーカー ゴールドラベル

ゴールドラベルはグリーンラベルとグレードは同じですが、グリーンラベルと比べるとスモーキー感やピーティ感は殆どありません。

ハニー、新鮮なモルト感、バニラを感じ、ウッディな味わいが長く続きます。

ジャパニーズでは宮城峡に近い味わいですが、リッチで雑味の少ない味わいはジョニーウォーカーの卓越したブレンド力が上回っているように感じました。

スモーキーな感じを楽しみたい場合はグリーンラベル、フルーティを感じたい場合はゴールドラベルでしょう。

種類ブレンデッドモルトウイスキー
アルコール度数40度
容量700ml
価格帯4000円代
その他

ジョニーウォーカー プラチナラベル 18年

ウォーカー家が特別な客人のためにブレンドしたウイスキーをベースとして現代に生まれ変わったのがプラチナラベル18年です。

新鮮なモルト感、クリーム、バニラとこれまでのジョニーウォーカーでは感じられなかった非常に甘くリッチな香りがあります。

味わいは、甘く、ややオイリーでドライ。シナモンや柑橘系を凝縮したような味わいでわずかにスモーキー。

繊細ながらも複雑な味わいで、ハイボールにするとやや甘さが強く出てしまう印象ががありますが、ストレート、ロックは一品です。

種類ブレンデッドモルトウイスキー
アルコール度数40度
容量700ml
価格帯6000円台

ジョニーウォーカー ブルーラベル

ジョニーウォーカーの最高傑作であるブルーラベルは1万樽に1樽と言われる熟成の頂点かつ、最高のコンディションの樽のみを厳選したシリーズとなっています。

ピーティ、ウッディなスモーキー感な香りが広がり、バニラ、スパイシー、ビター、キャラメルの複雑な味わいが広がり、余韻はピーティ、シナモンを長く感じることができます。

力強い味わいというよりも、穏やかで繊細な味わいと余韻が特徴でジョニーウォーカー最高傑作にふさわしいウイスキーとなっています。

ジャパニーズでは竹鶴に近いですが、余韻の長さや複雑さは圧倒的にジョニーウォーカーとなっています。

種類ブレンデッドモルトウイスキー
アルコール度数40度
容量750ml
価格帯10,000円後半
created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥16,250 (2022/12/05 16:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

ジョニーウォーカーをもっと知る

ジョニーウォーカーは創業者の名前がそのまま使われており15歳で食料雑貨屋を営んでいました。

1820年にウイスキーのブレンド事業を開始しました。1800年頃はスコットランドで多くの密造酒への規制を緩和、撤廃しウイスキー普及への道筋が見え始めた時代でもありました。

そして当時のシングルモルトは品質に大きな課題を抱えており、ジョニーウォーカーのように蒸留所を自ら持たずに様々な蒸留所から原酒を買い付けて製品化するインディペンデントボトラーがウイスキーを販売することが一般的でした。

この技術は当時、食料雑貨屋点で紅茶をブレンドすることからウイスキーもブレンドする事に繋がったとされています。

ジョニ赤が最初に誕生

ウォーカーズ・オールド・ハイランド・ウイスキーを最初にリリースし、様々な改良の上にジョニーウォーカーブラックラベルが誕生しました。

当時は海外への輸送は船舶であったので、四角いボトルにすることで船内でも転がる事がないため割れづらく、斜め24度のラベルは人々の違和感からボトルを注目させることに成功しました。

これらの創意工夫が大成功し、スペイサイドのカードゥ蒸留所を買収した事でフルーティな味わいのウイスキーが作ることができるようになりました。

これがレッドラベルなのです。

まとめ

ジョニーウォーカーは年間2億本近く出荷されており、バランタインの590万本と比べると圧倒的である…。

出荷量が多いだけなく、安定した味と品質を保つ技術も一品なのです。

ウイスキー愛好家からはコンビニでも売ってるウイスキーだから…と嫌煙されることもありますが歴史を知るとジョニーウォーカーの繊細な味わいを感じることができるでしょう。