【アイリッシュの革命児】ティーリングウイスキーの味わいを紹介

アイリッシュ

ティーリングウイスキーは2012年にアイリッシュボトラーズとして誕生したティーリング社かリリースされているウイスキーです。

1987年にジャック・ティーリングがカネマラ(現在の所有者はサントリー)の蒸留所であるクーリー蒸留所を設立しました。

ティーリングウイスキーの種類

ティーリングウイスキーには主に5つのシリーズがリリースされています。

  1. ブレンデッドウイスキーのスモールバッチ
  2. シングルモルト
  3. ピーテッドシングルモルト
  4. シングルグレーン
  5. シングルポットスチル

スモールバッチ

スモールバッチはブレンデッドウイスキーとなっており、グレーンとラム樽の完成度が非常に高く、しっかりとしたラムカスクの味わいを感じることができます。

ドライフルーツやスパイシーで複雑な香りが特徴的で、味わいはグレーンの甘さの相性がよくデザートにも合うウイスキーです。

またラム樽にはラム酒で有名な中南米の樽を利用し、12ヶ月以上熟成させた原酒を利用しています。

ブレンデッドウイスキーとしてはやや高めかもしれませんが、ストレートでも十分楽しめるウイスキーなのでティーリングウイスキーで悩んだ時には最初の一本としては最適でしょう。

種類ブレンデッドウイスキー
樽構成バーボン樽、ラム樽
薄い黄色
香り・ラムの甘くツンとした感じ
・柑橘系
・レモン
・バニラ
・ドライフルーツ
味わいグレーンの甘さ
・オイリー
・濃厚でリッチなオレンジが長く続く
・ラムの心地よい香り
フィニッシュグレーンの穀物感
・モルトとグレーンの甘みが長く続く
度数46度
容量700ml
価格3000円台
その他ノンチルフィルタード
created by Rinker
ティーリング
¥4,139 (2022/08/15 06:11:42時点 Amazon調べ-詳細)

シングルモルト

シングルモルトは5つのワイン樽(シェリー、ポート、マデイラ、ブルゴーニュ、ソーヴィニヨン)を熟成とフィニッシュしたウイスキーです。

香り

鼻を近づけるとすぐに「あっ白ワインだ」と感じ、その後にモルトがあり、時間が経つとチョコレートなど複雑に変化するため、途中で同じウイスキーを飲んでるのか?と勘違いしてしまうほどです。

味わい

舌触りはなめらかで、シナモンやペッパーのようなスパイシー感を強く感じますが、徐々にイチジクやいちごのような果実感へと変化します。

フィニッシュ

もはや、ほぼいちごです。

白ワインからいちごの変化は衝撃的ですが、この複雑さがティーリングウイスキーのファンを増やしていたのかと納得した一本でした。

created by Rinker
ティーリング
¥5,534 (2022/08/15 06:11:43時点 Amazon調べ-詳細)

ピーテッドシングルモルト(ブラックピッツ)

アイリッシュウイスキーは基本的にはピートを焚かない、ノンピートウイスキーが特徴ですが、ティーリング ピーテッドシングルモルトアイリッシュウイスキーの伝統的な製法である3回蒸留とピーテッドモルトを組み合わせることで、スコッチとは異なるピーテッドウイスキーの味わいがあります。

これはピーテッドのアイリッシュウイスキーの代表であるカネマラからヒントを得たのは間違いないでしょう。

  • ピーテッドウイスキー
  • バーボン樽、ソーテルヌワイン樽で熟成した原酒をブレンド
  • ノンチルフィルタード
ブラックピッツの特徴
・ピーテッドウイスキー
バーボン樽、ソーテルヌワイン樽で熟成した原酒をブレンド
・ノンチルフィルタード

ブラックピッツの由来

アイルランドの首都であるダブリンの近くにティーリングウイスキーの蒸留所はあります。

その近くにブラックピッツという地域があり、そこではアイルランド最大のモルトスター(製麦所)がありました。

製麦の過程で大麦を乾燥させるためにピート(泥炭)を利用したことで、独特なスモーキーな味わいを生み出しています。

ピーテッドウイスキーで有名なスコッチアイラのような、ヨード香のあるピートではなく炭やBBQのような煙たさが特徴です。

created by Rinker
ティーリング(TEELING)
¥6,298 (2022/08/15 06:11:43時点 Amazon調べ-詳細)

シングルグレーン

ティーリング シングルグレーンは、95%のトウモロコシと5%の麦芽から作られており、その後3回蒸留した後にソーヴィニヨン赤ワイン樽のみで熟成されています。

バーボンで有名なアメリカンウイスキーでもコーンウイスキーの定義があり80%以上のコーン利用とされ、コーンウイスキーには熟成の義務はありません。

ティーリングのシングルグレーンはそれよりも高いほぼ100%に近い原料をコーンとして、熟成もワイン樽を利用しており、アイリッシュウイスキーの常識を覆すようなボトルでしょう。

香り

グレーン特有のスパイシー感が強く、時間が経つとフルーティ、黒糖のような甘さを感じます。

味わい

なめらかでライトな味わい、グレーン特有のリッチな甘さ、赤ワインのベリーやタンニンを感じます。

フィニッシュ

スパイシー

created by Rinker
TEELING(ティーリング)
¥5,346 (2022/08/15 06:11:44時点 Amazon調べ-詳細)

シングルポットスチル

ポットスチルとは伝統的なアイリッシュウイスキーの製法を取り入れて作られたウイスキーのことです。

アイリッシュウイスキーには発芽させたモルト、未発芽のモルトに加えて小麦やライ麦が原料として利用され、3回蒸留されます。(シングルモルトは2回蒸留がほとんど)

モルト100%ではないため糖化に時間がかかり、オイリーで独特なフレーバーがあります。

ティーリングのシングルポットスチルでは発芽させたモルトを50%、未発芽のモルトを50%ずつ配合しており、3回蒸留の後にバージンオークシェリー樽を組み合わせて熟成させています。

香り

レモンやオレンジの皮のような柑橘系、ぶどうのような甘い香り

味わい

甘くややオイリー、マスカットや白ぶどうのようなスッキリした甘さ、ピーチ、ビスケットのような麦感、があり複雑

フィニッシュ

甘さが長く続き、ややスパイシー

created by Rinker
ティーリング
¥6,284 (2022/08/15 06:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ティーリングウイスキーは、ジェムソン、ブッシュミルズとはまったく異なる味わいながらも、ポットスチルもリリースするなど伝統的なアイリッシュウイスキーを尊重している姿勢がありながらも、決して時代の型にはまらな良いウイスキーを造るという精神を感じることができます。

アイリッシュらしさとティーリングの完成度の高さを感じるスモールバッチから是非試してみてください。